OpenGLの描画ウィンドウをOpenCVを使って画像保存・解析する方法

 研究でシミュレーションをするときに,OpenGLを使うことがある.OpenGLの描画ウィンドウを画像として保存したかったので,調べたところ,OpenCVを使う方法が見つかった.

続きを読む

「ワンダンス」読むと高校の先輩を思い出す

小学生の頃,とある体育の授業で大変に恥ずかしい思いをした.授業内容は,音楽に合わせて振り付けを考え,皆の前で踊る,というものだった.当時大流行していた,個人的にはさして好きでもないJ−POPソングのイントロに合わせて,数分で考えた振り付けを踊った.自分すら格好がついていないと思うものを大勢の人の前で披露するのは,結構な苦痛である.今回紹介する漫画「ワンダンス」の1話目も,主人公が同様の経験をするところから始まる.

漫画「ワンダンス」は,吃音もちの男子高校生・小谷花木(かぼく)が同級生のダンサー・湾田光莉(ひかり)と出会うことで,喋らなくていい自己表現方法であるダンスを極める,というお話である.この漫画,何がすごいか,というと,様々な表現技法を駆使することで人間の踊る動きが自然に想起されるのである.腕や脚周りに様々な濃度の流線を書くことでそれらの軌跡を可視化し,人物の線画を二重に重ねることで細かな身体の振動を表現している.加えて,パラパラマンガのように,動きを細かく分割してコマを連ねることで一連の動きを表現し,異なる視点からの画を多用することで,似たような動きにも違う印象を与えている.ざっと思いつく限りでもこれだけの表現が使われており,本来ならば動画で見て楽しむはずの踊りを,静止画で実現させている.

表現技法が新しい漫画「ワンダンス」であるが,これを読むと自分の高校にあったダンス部を思い出す.なぜかというと,高校のダンス部が主人公たちの通うダンス部と同様,数十人いる女子のなかに1人男子がいるという部員構成だったからだと思う.1人だけいた男子部員が部内でどういう扱いを受けていたのかは全く知らないが,彼は文化祭や部活動紹介で女子部員がまとめて踊った後,1人でロボットダンスを披露していた.もちろん高校の体育館,生徒・教師全員の前で,である.当時見ていた自分は「上手」ぐらいの感想しか無かったが,今思うと,大勢の視線を一身に受けて,格好のついた振り付けを踊りこなす,というのは並大抵のことではないな,と感じる.ダンスの良さを理解している人間なんていたのか怪しい観衆の中,16歳で自己表現を貫いていた彼はすごかった.

彼が今どこにいるのか,まだ踊っているのかは知らないし,自分がダンスをしているわけではないけれど,「ワンダンス」を読んで,踊りによる自己表現とは何なのか興味が湧いた.作中で紹介されている World of Dance 含め様々なダンスコンテストを You Tube で最近観ている.この前,とある女性が1人でロボットダンスをしている動画を見た.リズムに合わせて十分近く踊った後,音楽が終わってやりきった笑顔を見ると,身体を動かすことが自己を表現する作品と感じられる人間の感性って,とてもおもしろいと思ったのである.

「ワンダンス」は現在3巻まで出ています↓

afternoon.kodansha.co.jp

「踊り」でも全く違うジャンル・バレエを題材にした漫画についてもレビューしています↓

msakashita.com

「イミテーション・ゲーム」を100倍面白く観られる本「暗号解読(上)」

 映画「イミテーション・ゲーム」が好きだ.本作では,コンピュータの父として有名な稀代の数学者アラン・チューリングが,第二次世界大戦時にドイツの暗号エニグマを解読するに至った過程を描いている.チューリングの独特な人当たりに笑い,暗号解読に努める姿に夢中になれる良作である.2015年に日本で公開され,映画館で本作を観た自分は当時大学4年生だった.その後諸事情あって科学に興味をもち始め,科学を題材にした本をいくばくか読むようになった.「イミテーション・ゲーム」を観てから5年,本書で紹介する「暗号解読」を手にする.今日,上巻を読み終えた.いやはや,なぜあの時までに読んでいなかったんだろう!と言うくらい,暗号の面白さが存分に詰まった一冊だった.「イミテーション・ゲーム」を観た方々の中には,私のように「そもそもエニグマってどんな暗号なんだっけ?」と疑問を持った人もいると思う(いてくれないと自分が無学に感じるのでいてください).本書は,古代ローマでの暗号の起こりからエニグマの発明,その解読までをダイナミックにつなぐ一冊となっている.

続きを読む

研究における論文の探し方・読み方(博士課程3年目編)

 論文を探して読む作業って,研究室に配属されたら理由も分からないまま義務になるけど,効率よくこなすコツは教えてもらったことがない.今はなんとなくできるようになったけど,コツをつかむまで苦労する過程は初めて研究する人が繰り返すべきものでもないと思う.今回はひとまず,今どういう方法で論文を探し,読んでいるかドキュメントとして残すことにする.

続きを読む

「ダンス・ダンス・ダンスール」はもっと読まれてもいいと思う

はじめに

 最近,好きな漫画は?って訊かれたら必ず「ダンス・ダンス・ダンスール」を推しています.が,残念ながら身の回りに読んでいる人があまりいません...なぜ?そりゃアニメ化ドラマ化メディアミックスが全然されていないんですけど,だいぶ熱量のある,面白い漫画だと思うんですよ.漫画結構読みますっていう人にも「へー,知らなかったです」みたいなリアクションされるから,きっと私の身の回りだけなんだ,ネットでは盛り上がっているはず...,と信じて,Google検索したら,

 一般人の書いたレビュー記事がない!!!うそ!!!...

 え,うそじゃん...作者「溺れるナイフ」のジョージ朝倉ですよ?有名な漫画家やん...掲載されてるマンガ誌も週刊スピリッツでメジャー誌なのに...なぜ?「なぜ?」という気持ちが膨らみすぎて,もう自分が書くしかない,という決意に至りました.以下,ネタバレを混じえながら個人的な推しポイントを連ねていこうと思います.ネタバレを見ずに先に一話目を読みたい人は,公式ページへ飛んでください!

続きを読む

最適化メモ①:最適解と極値,最大最小値

 新年明けましておめでとうございます.サカシタです.2020年もよろしくお願いいたします.

 これまで最適化,特に自分が研究で使っているトポロジー最適化について理解不足を感じるときが多々あったため,本を読んで学んだことをブログ記事にして理解を深めていこうと思います.タイトルに①とあるように,シリーズものとして記事を投稿していく予定です.このシリーズでは,「最適化と変分法」(東京大学工学教程編纂委員会編,寒野善博・土谷隆著)を読んで学んだこと,疑問に思い調べたことを記録します.

 最適化は物流コストの最小化,構造物の剛性最大化など日常生活の様々な場面で幅広く利用されている技術です.対象読者は私のように最適化を勉強しようとしている方ですが,そうでない方にもさわりだけでも掴んでもらえるような文章になるよう努力します.

続きを読む

Display 3D Reaction Diffusion with Marching Cubes

 この記事は CAMPHOR- Advent Calendar 2019 24日目の記事です.23日目の記事は 5ebec誰得なAtomのSyntax themeを作った でした.今回の記事はMarching Cubesという手法に関して,研究ノートをまとめる雰囲気で書いています.万人受けする内容にはなっていませんが,Marching Cubesを触る人の知見になれば幸いです.

続きを読む