皆で選曲する音楽再生サービス「Relaym」

 昨年のCAMPHOR-夏合宿*1で作り始めたWebサービス「Relaym」(リレイム)が本日リリースされました.

relaym.camph.net

 自分が発案して,開発も少し手伝いました.ランディングページには書かれない発案の経緯を紹介したいと思います.

Relaym(リレイム) とは

 Relaym は1つの音楽プレイリスト(本サービスでは「セッション」と呼ばれています)を用意して,その中に複数の参加者が自由に楽曲を追加していき再生するサービスです.カラオケの曲予約を想像してもらうとわかりやすいと思います.あれは,いろんな人が曲を自由に追加して,前の曲が終わったら,溜まっていた予約曲が先頭から流れていく操作を繰り返しますよね.それと同じ挙動をSpotifyを使って実現しています.曲を追加するために,カラオケの場合だと大体部屋に1つしかない予約機器を使いますが,Relaym ではセッションを共有している人全員のスマートフォン・PCが使えます.つまり,曲を追加するためにデバイスを共有する必要はありません.セッションの再生・一時停止にはサービスの仕様上,Spotify Premium に加入している人が1人必要です.しかし,その他の人は,Spotify アカウントすら持っていなくても参加できます.Relaymを使うために,会員登録も必要ありません.

 友達・家族とドライブ,一緒に作業,はたまた鍋パ・BBQをしている合間に,皆さんが好き好きに選んだ楽曲をBGMとして流すことができます.最近はコロナウイルス対応で人と会う機会が減っていますが,そんな人のために,Relaym のリンク共有機能を使うと,BGMにおすすめの楽曲を知り合いに追加してもらうこともできるようになっています.

 サービス名の Relaym は,relay music を略した造語です.それぞれのユーザーが選んだ楽曲がつながって流れていく様子から名付けました.

Relaym を発案したきっかけ

 Relaym をつくることで,「未知の音楽を見つける新しい方法」を提供したかったのが発案のきっかけです.皆さん,自分が聞いたことない音楽ジャンルの楽曲に触れる機会はどこで,どれぐらいあるでしょうか?昔,サカナクションのラジオ番組で,リスナーの「音楽との出会い方」を公開していく回がありました.結構多かったのが「親が運転している車の中で」だったことを覚えています.テレビ,ラジオなどのメディアを除いて,自分にとって未知の音楽を知る機会は,家族,友達など親しい人を通じてが多い気がします.私の場合,以下のような体験を通じて様々な音楽ジャンルと出会ってきました.

  • お母さんの車の中(邦・洋のR&B)
  • 友達(邦ロック・UKロック・インストゥルメンタル・ジャズ)
  • 音楽サークル
    • 練習曲(合唱曲・ディズニーなど)
    • カラオケ(ボカロ・アニソン・ゲームソングなど)

 あと,自分が新しい音楽を探すときにもう一つ頻繁に使う方法が,

  • お店でBGMに流れている曲を Shazam(音楽を聞き取って,曲名と歌手名を出してくれるサービス)で検出する

です.

 上に挙げたこれらの例で共通しているのは,「おすすめされている楽曲が,その場ですでに流れている」点です.皆さんにも当てはまるかはわかりませんが,私は面倒くさがりなので,CDを渡されたり,You Tube のリンクを送ってもらうだけだと,なかなかCDケースは開かないし,リンクも押しません.新しい音楽ジャンルには出会いたいんですけど,音楽を聴く力がなかなかでません.これは,自分が楽曲を勧めるときに跳ね返ってきていて,友達に曲の説明をしてURLを送ってもなかなか聴いてもらえなかったり,好きになってもらえることはあまりないんですよね...せっかくなら,おすすめしたときにすでにこの曲がその場で流れていたらいいのに...とつねづね考えていました.だから,私にとって Relaym は好きな曲を追加してみんなにおすすめするためのアプリです.同時に,プレイリストを共有している人達が,自分にとって未知の楽曲を流してくれるのを楽しみにしています.「この曲が追加されてる!〇〇が好きなん?」みたいな問いをきっかけに,身近な人の音楽嗜好が知れて,音楽の話で盛り上がれることを期待しています.

 気になった人はぜひ使ってみてください!

relaym.camph.net

開発

 CAMPHOR- 夏合宿から始まって,色々な人が開発に携わってくれました!アイディアに賛同してくれる人がいることが嬉しかったし,実際に動く実体ができてくると,かなりワクワクしました.コードはOSSとして公開されたようなので,いろんな人に見てもらえると嬉しいです.

github.com

github.com

*1:昨年の夏合宿の様子はこちら.この記事にある,「みんなでBGMリストを作るアプリ」が Relaym のことです.

OpenGLの描画ウィンドウをOpenCVを使って画像保存・解析する方法

 研究でシミュレーションをするときに,OpenGLを使うことがある.OpenGLの描画ウィンドウを画像として保存したかったので,調べたところ,OpenCVを使う方法が見つかった.

続きを読む

「ワンダンス」読むと高校の先輩を思い出す

小学生の頃,とある体育の授業で大変に恥ずかしい思いをした.授業内容は,音楽に合わせて振り付けを考え,皆の前で踊る,というものだった.当時大流行していた,個人的にはさして好きでもないJ−POPソングのイントロに合わせて,数分で考えた振り付けを踊った.自分すら格好がついていないと思うものを大勢の人の前で披露するのは,結構な苦痛である.今回紹介する漫画「ワンダンス」の1話目も,主人公が同様の経験をするところから始まる.

続きを読む

「イミテーション・ゲーム」を100倍面白く観られる本「暗号解読(上)」

 映画「イミテーション・ゲーム」が好きだ.本作では,コンピュータの父として有名な稀代の数学者アラン・チューリングが,第二次世界大戦時にドイツの暗号エニグマを解読するに至った過程を描いている.チューリングの独特な人当たりに笑い,暗号解読に努める姿に夢中になれる良作である.2015年に日本で公開され,映画館で本作を観た自分は当時大学4年生だった.その後諸事情あって科学に興味をもち始め,科学を題材にした本をいくばくか読むようになった.「イミテーション・ゲーム」を観てから5年,本書で紹介する「暗号解読」を手にする.今日,上巻を読み終えた.いやはや,なぜあの時までに読んでいなかったんだろう!と言うくらい,暗号の面白さが存分に詰まった一冊だった.「イミテーション・ゲーム」を観た方々の中には,私のように「そもそもエニグマってどんな暗号なんだっけ?」と疑問を持った人もいると思う(いてくれないと自分が無学に感じるのでいてください).本書は,古代ローマでの暗号の起こりからエニグマの発明,その解読までをダイナミックにつなぐ一冊となっている.

続きを読む

研究における論文の探し方・読み方(博士課程3年目編)

 論文を探して読む作業って,研究室に配属されたら理由も分からないまま義務になるけど,効率よくこなすコツは教えてもらったことがない.今はなんとなくできるようになったけど,コツをつかむまで苦労する過程は初めて研究する人が繰り返すべきものでもないと思う.今回はひとまず,今どういう方法で論文を探し,読んでいるかドキュメントとして残すことにする.

続きを読む

「ダンス・ダンス・ダンスール」はもっと読まれてもいいと思う

はじめに

 最近,好きな漫画は?って訊かれたら必ず「ダンス・ダンス・ダンスール」を推しています.が,残念ながら身の回りに読んでいる人があまりいません...なぜ?そりゃアニメ化ドラマ化メディアミックスが全然されていないんですけど,だいぶ熱量のある,面白い漫画だと思うんですよ.漫画結構読みますっていう人にも「へー,知らなかったです」みたいなリアクションされるから,きっと私の身の回りだけなんだ,ネットでは盛り上がっているはず...,と信じて,Google検索したら,

 一般人の書いたレビュー記事がない!!!うそ!!!...

 え,うそじゃん...作者「溺れるナイフ」のジョージ朝倉ですよ?有名な漫画家やん...掲載されてるマンガ誌も週刊スピリッツでメジャー誌なのに...なぜ?「なぜ?」という気持ちが膨らみすぎて,もう自分が書くしかない,という決意に至りました.以下,ネタバレを混じえながら個人的な推しポイントを連ねていこうと思います.ネタバレを見ずに先に一話目を読みたい人は,公式ページへ飛んでください!

続きを読む